越後の彫刻家幸田 顕

更新情報

ホームページをリニューアルしました。
プロフィール、代表作品の一部を更新しました。
プロフィール、代表作品の一部を更新しました。
代表作品のページに作品「憧」を追加しました。
代表作品のページに作品5つを追加しました。
プロフィール内の「新潟県展委員」を「新潟県展参与」に更新しました。
代表作品のページに作品「未来にむかって」を追加しました。
ホームページを開設いたしました。

自己紹介

幸田 顕

幸田 顕

彫刻家

最終出身校

東京芸術大学美術学部大学院彫刻科専攻修了

学位

芸術学修士

専門部門

彫刻、立体造形

抱負

彫刻と表現

今日、変化するさまざまな生活環境の中で、立体としての彫刻は表現されてきた。

私たちの視点も多種多様になり、彫刻の表現も身近なモチーフから、宇宙への思考へと展開し多極化してきた。

永遠の美しさを求めながら、表現とは何か、これからも続いていくことであろう。

受賞歴

U.S.A.インターナショナル美術展

(米国 ロスアンゼルス)

ハワイ官約移民百年記念文化芸術展

(米国 NBCエキシビションホール)

東海村ふれあいロード彫刻展奨励賞

(茨城県東海村)

東海村ふれあいロードデッサン展奨励賞

(茨城県東海村)

加茂山全国野外彫刻展

(新潟県加茂市)

第4回ロダン大賞マケット秀作展

(箱根彫刻の森美術館)

第1回木内克大賞野外彫刻展

(茨城県東海村)

国民文化祭みえ94美術展

(三重県)

第47回新槐樹社展奨励賞

(東京都美術館)

第20回記念展新槐樹社選抜秋季展記念賞

(松坂屋カトレヤサロン)

カンヌ国際芸術祭参加(日仏現代芸術祭)

(仏国 パレ・デ・フェスティバル)

バルセロナ国際ビエンナーレ

(スペインバトリョ邸)

第49回新槐樹社展努力賞

(東京都美術館)

第50回新槐樹社展新槐樹社賞

(東京都美術館)

第60回新槐樹社展記念優賞

(国立新美術館)

新潟県知事表彰

(芸術・文化功労)

地域文化功労者文部科学大臣表彰

(文部科学省)

社会的活動

新潟県美術展覧会参与(県展)

新潟県彫刻会会員(元会長)

にいがたアートサーカス会員

新潟県美術家連盟参事

新潟県石仏の会会員

燕市文化財調査審議会委員長

燕市美術協会名誉顧問

新潟市美術協会参事

新槐樹社元委員(審査員)

日本美術家連盟会員

新潟青陵大学短期大学部 名誉教授

東京芸術大学杜の会会員

代表作品

ふりむく 1987
風紋の女神 1992
転 1992
空間へのリズム 1994
清流Ⅰ 1995
少年 1997
二面 —表情— 2000
視点の二面化 —見つめる表情— 2002
会話のある環境 2003
泉 2010
視点 2014
視点 —面・面— 2014
環境-面- 2016
環境-面・面- 2015
環境-表象- 2018
構成 2020
躍進
未来にむかって
せせらぎの少女
杉本鉞子文学碑(武士の娘レリーフ)
澤田敬義の像(医学博士)
松籟 —まつに吹く風—
陽光

アトリエ

atelier images

住所

〒959ー0261
新潟県燕市吉田鴻巣 2038番地

メール

トップ 自己紹介 代表作品 アトリエ